×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004/04/13(火) 01:26
人間万事塞翁が馬2   ミッドナイトラン

彼女はひどく貧しかった、そう幼少の頃から。
戦後数年して生まれた彼女は病弱な父とそれを補うかのように必死になって
働く母との3人家族の中で育っていった。
飛びぬけて頭が良かったわけではなかったが、当時の女子学生の中では
平均以上の成績を修めていて、すぐに就職に役立つであろうと進んだ
商業高校の卒業後の進路でも担任の覚え目出度く、渋る彼女の母親を説得し、
短大へと進むことになった。
そこでも彼女はいくつかの資格をとり、地元の自治体に就職し働いていた。
それから彼女は伴侶となる男性と出会い、結婚。
また、職場でも上級の役職試験に挑戦し見事合格。
子供にも恵まれ家計をやりくりしては、幼い頃に買えなかった欲求を分相応に
満たすようになった。
将来をある程度見越したものの、ここまでのステータスになるとは思わなかった職業に
変貌したことに関しては、幸運だったのかな?と今では思っている。


完璧に眠くなる寸前、ラフなジョギングスタイルに着替えて玄関を出る。
大都会東京近郊の住宅街といえど真夜中では人通りは絶えて久しい。
入念な準備体操をすると、走る為だけのスポーツシューズの片足を
軽い気合と共に踏み出して眠る前の約束事が始まる。
普段はゆっくりと歩くか、自転車で颯爽と走り抜ける駅までの道を自分の両足で
踏みしめて走る。速度は早足よりも幾分か速いだけだ。
電柱、街灯が上下に揺れながら視界の外へとゆっくりと流れていく。
50mも走れば呼吸はいつものそれとは違うリズムを取るものへと変化する。
鼓動、呼吸、足音、衣擦れとポケットのカギ束の音。
真夜中を1人占めしている感覚は想像以上に悪くない。
1kmの片道を終えると立ち止まって呼吸を満足するまで繰り返す。
5分〜10分ほどの休憩の後、再び走り始める。
上気し、火照った顔で鼓動を感じる。
ゴール地点の信号は赤い。
あの信号に向かってラストスパート。
機械でできたおもちゃのような自分の足がもつれそうになるのを懸命にこらえながら
自分を試す時間を持続させる。
完全な自己満足の世界。
何も誰も存在しない。
見ているのは自分だけ、評価するのも自分だけ、理解するのも自分だけ
自分の為だけに自分が行う行為。
信号までたどり着く。疲労が体を襲う。
息を軽く整えて自室へ戻る。シャワーを浴びてベッドへ倒れこむ。
その頃には体は軽くなっていてすぐに眠りにつくことになる。

一ヶ月の間に数回行うとびっきりの時間。
次の日は決まって寝起きが悪いのが少々難点ではある。

次に進む

トップページに戻る